【 今日は母校の埼玉栄の卒業式 】

 

 

 

こんにちは。

 

今日は我が母校である、埼玉栄の卒業式。

3年前に自分も卒業しました。

 

ここ近年はコロナの影響で卒業式が正式に行われないようで残念だが。

学校も登校できなければ、目的の部活の大会までもない。

生徒、教員共々難しい1年だったんじゃないかな。

そんな中でも過ごした3年間は無駄じゃないと思うよ!

卒業生、卒業おめでとう!!!

 

 

3年前の今日、俺はボロ泣きだったな。

6年間共にした仲間との惜別が寂しくて寂しくて、、、

卒業式が近づくのが嫌で嫌でしかたなかった。

 

12歳の時に行き場のなかった俺は悩んでた。

9年前の俺に行ってあげたい。

『勇気を持って栄に行け』と。

素晴らしい6年間が待ってるからと。

 

でも簡単じゃなかった。

難しい事ばっかだった。

それでも歯を食いしばって、汗水垂らして、血を流して、

そんな日々が俺にとっての青春。

 

恋愛禁止。

SNS禁止。

頭髪検査。

マスゲーム

朝の言葉。

ハマる。

今日学べ。

人間是宝。

どうせやるなら日本一。

 

全てが俺の血となり肉となり、今を創ってる。

 

さあ、過去の自分を力に、

今後の未来を切り開いていこう。

 

 

それでは。

 

f:id:tks_wtnb:20210305112658j:plain

 

 

良かったら押していただけると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

2021.3.5 渡邉 宰

【 絶対に後悔させません! 】

 

 

 

おはようございます。

 

 

『サッカーを通して誰かの心を動かせるような選手になるために 渡邉宰』rerise-news.com

 

 

自分のことについて掲載していただきました。

こんな何でもない自分を取り上げてくださり、本当に嬉しい次第です。

 

誰かに何かが届いて欲しい。

そんな思いで自分の事を偉そうに語らせていただきました。

見た事を後悔させない20分になってると思います。

 

こういう難しい世の中で、少しでも希望であったり光になれたらと思います。

 

 

ぜひ!ご覧ください!

 

 

良かったら押していただけると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

2021.3.2 渡邉 宰

 

【 年齢を重ねる 】

 

 

 

こんにちは。

 

今年の5月で22歳になります。

何だか不思議な年齢になって来たな。

 

最近大人になって来たなと、嫌でも感じるように。

その反面、まだまだ未熟だなと感じる事も。

 

ついこの間まで、コーヒーが苦いと言い、

ビールが苦いと言い、ワサビが辛いと言い、

この歳になってようやく美味しさがわかって来たような。

そんな21歳です。

 

俺の同期は仕事をしている人もいれば、大学に通ってる人もいる。

そんな中、俺は事実上の『ニート

これは恥ずかしい事でも何でもない。

胸を張って夢を追いかけている。

 

人間としても選手としても大事な21歳の歳にしてニート

ここ1年ほどこの生活が続いてるけど、いい時間を過ごせてると思う。

周りは気にせず、自分と向き合う事が大切だと、改めて感じさせられてる。

高校を卒業し、自分の好きな事をやる為に選択した大学を辞め、

むしろ今の方が好きな事をやれてる感覚でいる。

一切無駄な事はないと思ってるし、誰かに文句を言われる筋合いはない。

 

こうして歳を重ね考え方も変わってく一方で、

サッカーを続けていく以上、自分のアイデンティティーは存在する。

サッカーから逆算した生活を送る事。

全てはサッカーの為。

40歳まで現役でやりたいな。

 

ぜひ、応援してくださいね。

 

 

良かったら押していただけると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

2021.2.25 渡邉 宰

 

 

【 僕が近い将来叶えたい事たち 】

 

 

 

 

こんにちは。

 

現在21歳。

5月で22歳を迎えるわけだが、段々と本当の大人になって来た。

いや、本当の大人って何だろうな。笑

 

 

そう、21歳ともなれば周りが結婚し出してくる。

子供がいる友人もいるし、もう就職してる友人もいる。

そんなみんなと簡単に会えなくなるし、更に遠い存在になっちゃうんだろうなって、

なんか寂しさとか感じるようにもなって来た。

そんな歳になって来たんよ。

 

そんな中でも、この先が楽しみになるような、近い将来のビジョンはやんわりと持ってる。

サッカーにおいては、20代で国際大会の舞台を経験したい。

特に20代ってこだわりはないけど、40歳まで現役でいたいから。

30代でACLに出場、タイトル獲得が理想かなって。

もちろん早いに越した事はないから。

そこはしっかりとコツコツとキャリアと実績積んでいきたい。

 

結婚は全くもって考えられない。笑

したいしたくないの問題じゃなくて、今はいっぱいいっぱいで責任なんて背負えない。

でも、結婚しだす周りを見たら、いいなーって思うんだろうな。

今は彼女もいなければ異性との関係なんて0なので、、、

30歳くらいまでにいい人に出会えたらとか、まあ今は全く興味ない!笑

 

家は平屋の庭付きで。笑

田舎でゆっくりと生活したいねー。

注文住宅で自分の好きなように家を作りたい!

DIYとかやってみても面白そうだし、一生気にいるような家にしたいよね。

もちろん、日本で建てます。

 

車は正直どうでもいいです。

乗れればOK。

まあ強いて強いて強いて言うなら、デカくてゴツい形が好み。

 

これは少し壮大なんだけど、

募金活動して、それを見える化したい。

街頭でもクラウドファンディングでも、誰かを支援したいって人から資金を募って、

これはこういう活動に回しましたって活動報告付きの。

赤い羽募金とか復興募金とか、見えないところでどう使われてるのかなって思った事があって、

よく大宮駅で犬の募金とかやってるのってすごい気になる。

別にプライベートでその人が使ってるって疑ってるわけじゃないけど、

その使い道とかルートとかって俺は純粋に気になるから。

それを全部オープンにするような活動をしたい。

基本的には国際協力にお金を回したい!

1番は自分が稼いだお金を回せるのが良いかもしれないけどね。。。

 

んー、後は純粋に愛される人間になりたい。

人間としても選手としても。

あいつは愛されてるよな、愛されてたよなって言われたい。

それが人としての価値だとは思わないけど、

やっぱり誰かの憧れでありたいよね。

 

 

よし、今週も頑張ってこ。

 

 

良かったら押していただけると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

2021.2.23 渡邉 宰

 

 

【 生花と人間関係 】

 

 

 

 

こんにちは。

 

最近めっちゃ本を読んでるせいか、言葉やノウハウが少しずつ広がって来ような気がする。

そう、気がするだけんなだ。

でも、この自分で感じられる物を大事にしていきたい。

 

 

誰しもどこかのグループであったり組織に属している。

家族もそうだし、学校もそうだし、極論を言えば日本というひとつの組織。

その中で当然だが、自分の限界やできない事を痛感する事ってある。

長所も短所も存在してこその人間だし、だから可愛いし愛おしい。

なんかそんなCMも見た事ある。

 

誰かが持ってない物を誰かが持っているって、これは人間関係において非常に重要。

パートナーや相方、組織、自分の近くに誰を置いておくかで自分の引き立ちが変わるわけだ。

似た物同士はかえって危険だし、同じ役割を持つ人間が2人もいたらつまらない。

誰かが計算できて、誰かがリーダーシップ取れて、誰かがボケられる。

だからこそ1人1人が際立つし、特別な存在になる。

 

生花も同じだと。

生花は美しい。人の心を動かす。

だが生花のあの鮮やかな色合いは、花の種類だけで引き立つんじゃなくて、

隣に何の花の何の色を置くかによって、引き立ち方が全く違うとの事。

 

人間と花の対比って、意外にも似ててかなり深いね。

 

 

それでは。

 

良かったら押していただけると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

2021.2.20 渡邉 宰

 

 

 

 

【 気づいたら終わってたバレンタイン 】

 

 

 

 

こんにちは。

 

気づいたら終わってた。

バレンタイン。

小学校の頃までは、母親から必ずもらってた。

それも中学以降なく、ただの平日に変わりなかった。

 

そんな俺だが、1度だけ本命のチョコをもらった事がある。

てのも、当時付き合ってた彼女から。

中学2年の時だったね。

毎日部活の事で頭を抱えてた、あの時のよりどころは彼女でした。

大好きだったなー。笑

冷静に振り返ってみたら、キモいくらい大好きだった笑

日常生活においてかなり依存してたような。

これも良い思い出だね。

 

その彼女からもらったチョコがめっちゃ美味くて、

もらった3日後にもう1回作ってもらったの覚えてる。

手作りの生チョコだったんだけど、当時世界で1番美味かった。

そんな我のお返しは、何と血迷って手作り。笑

夜9時半に部活から帰宅し、眠い目を擦りカップケーキとクッキー作った。

ヤバイね、純粋すぎて可愛い。我ながら笑

お世辞でも形は良いとは言えなかったし、かなり雑で美味しくなかったと思う。

そんな中でも彼女は美味しいと笑顔で言ってくれた。

 

甘いな。学生時代の唯一の甘い思い出。

そう、お察しの通り、僕には彼女が中2からいない。

 

まあ別にいいか。

今はもっと大事にしたいものがある。

 

あ、そう言えば、枯れたと思ったブロッコリーが実になり始めた。

諦めるのはまだ早いかもしれない!!!

 

 

それでは。

 

 

良かったら押していただけると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

2021.2.19 渡邉 宰