【 チームっていいな。】

 

 

 

こんにちは。

 

まずは、マラドーナ氏が亡くなったということで、

同じサッカー人として、1人の人間として、

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

さて、そのサッカーにおいて、『チーム』って大事で、

サッカーだけに限らず、多くの色々な現場で重要なもの。

 

 

なんで今更こんな事を思うかって。

まあ改めてなんだけど。笑

 

最近大ブレイクですね、『NiziU』

Nizi Project をHuluの方で全話観ました。

ほぼほぼ10代の参加者たちが凌ぎを削り、最終的なデビューメンバーを目指してきたわけだが。

かなり酷でシビアなプロジェクト兼番組であるなと。

 

そのオーディションの中で、『グループオーディション』が存在する。

変な話、ライバルとチームを組み、協力していかなければならない。

自チームが勝てば有利な評価をもらえ、基準であるキューブを獲得する事ができる。

 

最終合宿、韓国での半年間のサバイバルだ。

ライバルである仲間と寝食を共にし、同じ屋根の下で半年間だ。

その中で映像を見る限り、手を取り合い、ライバルを助けている。

その13人の中にも、もちろん後にメンバーとして一緒にデビューする者もいる。

 

『ライバルなのに一緒に泣いて悲しみ、笑って喜ぶ。』

非常に新鮮な光景を何度も目にした。

 

最後のメンバー発表で、残った12人のうち9人が選ばれたわけだが、

その後の光景も目頭が熱くなるものがあった。

自分の感情に浸ってしまって、選ばれたメンバーにも落選したメンバーにも声のかけようがないんじゃないかって俺は思ったのね。

それでも涙を流し、お互いを称え合い抱擁し合い、自分より歳下のこの人たちは強いなって心底思った。

1年以上も同じオーディションを通して生活をし、やはり芽生えてくる感情もただもんじゃないなと。

 

個人的に最も印象的な言葉が、

現在病気で療養中のミイヒというメンバーがいて、

『こんなにも何かをしてもらいたいではなく、何かをしてあげたいと思える人たちがいる』

と。

本当に素敵だし、療養中であるミイヒさんは、何倍もパワーアップして戻ってくるのではないかと思う。

 

 

自分のやってるサッカーとはなんの接点もないんじゃないか。

そう思われるかもしれんけど、涙を流して見る自分もいたくらいだから、自分の感性を信じて大事にしたい。

 

正直アイドルとか歌とか全く興味なくて、彼女たちのセンスやポテンシャルも分からん。

ただ1人の人として多くの物を見て、自分に取り入れられる何かがあれば、盗みながら成長していきたいと思うから。

 

このNizi Project を通して、チームが引き出す力の大きさを改めて感じたし、

自分よりキラキラしている歳下の子たちを見て、まだまだ俺もやれるぞって思った。

 

みなさん、騙されたと思って見た方がいい。

 

 

それでは。

 

良かったら押していただけると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

 

2020.11.26 渡邉 宰