【 体操競技は激アツ!!!】

 

 

 

 

おはようございます。

 

昨日は体操の全日本個人総合、天皇杯を観戦に。

 

俺のマブダチが出場するという事で、高崎へ朝から足を運びました。

 

今まで多くの競技を観戦してきた。

野球、バレー、バスケ、アメフト、アイスホッケー。

体操の観戦は初めてだった。

素人目から見たら、どの演技も素晴らしいしカッコいい。

申し訳ないけど、ミスするかしないかの違いしか分からなかった。笑

 

あの有名な内村航平選手や白井健三選手たちがいる中で、他の実業団の選手に高校生まで、70人以上の参加者がいた。

上位の30人が明日の決勝に進む事ができて、1つのミスが明暗を分ける事になる。

 

 

そう、体操は点数で結果が決まる。

小数第四位まで細かく点数が出て、その0.001の差で順位も変わる。

そして何より感じたのが、演技の時間が短い。

彼曰く、演技の時間は6種目で6分近く。

跳馬に関しては一瞬だそう。

その一瞬に向けて、何時間も何日も何年も準備をする。

審判しか見抜く事のできない些細なミスが今後を左右する。

シビアだなって思った。

サッカーには90分と言う限られた時間の中で、いくつかのチャンスは回ってくる。

体操はたったの1回。そしてハイリスクだ。

 

それらのプレッシャーと戦い、自分と戦い、とてつもない重圧を背負っての演技なんだろうなと。

高校3年間を共にした仲間が、その中で17位という順位を掴み、明日の決勝に進出した事を本当に誇りに思うし、心から称賛したい。

 

『切磋琢磨』

もしかしたら、俺とは釣り合ってないかもしれない。

でも俺には本当に大事な存在であって、最高のライバルであり、そして家族。

 

そんな彼が明日の決勝に臨みます。

昨日より遥かに素晴らしい演技を見せてくれると信じてるし、キラキラと輝く彼を明日も見たいと思う。

 

 

第74回全日本体操個人総合選手権兼第74回全日本体操種目別選手権 | 体操競技 - 公益財団法人日本体操協会

 

こちらのページからライブ観戦もできます!

 

鹿屋体育大学 藤巻竣平 という選手です!

 

ぜひ応援してください!!!!

 

 

それでは。

 

f:id:tks_wtnb:20201212091404p:plain

 

 

良かったら押していただけると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

2020.12.12 渡邉 宰