【 環境を変える事 】

 

 

 

 

こんばんは。

 

 

環境を変える事。

これが結果を生む事もある。

それを生きていく上で自覚しておくべきだ。

 

小6の時、地元を離れ私立の埼玉栄への進学を決めた事。

大学進学にあたっては、知り合いのいない拓大を選択。

この2つの選択が正解だったか、不正解であったか。

今でもそれは分からない。

ただ、結果が出たかどうかの視点でいくと、不正解であった。

結果が出なかった。そこに間違いはない。

 

その中で今年は更に大きく環境を変えた。

学生という自分を守ってくれる環境を捨て、サッカー選手としての道に挑戦する。

学生なんて素晴らしいくらいに居心地が良い。

学校に行けば授業が受けられ、友達がいて、学食がある。

守られてる。安心感がある。学歴という味方をつけてるわけだし。

これは学生に対する冒涜でもなければ、充実しなかった俺の学生生活から来る嫉妬でもない。

どっちも経験した上での俺のリアルな感性である。

 

環境を変えると、周りは注目してくれる。良し悪しあるが。

 

良しで挙げると、称賛や激励。

これは非常に励まされる。

 

悪しであれば、アンチというのが正しいか。

学歴どうこう、親不孝だの色々言われた。

別にこの意見も間違ってはないとも思うし、俺の原動力でもある。

 

後者である悪しに対して、やっぱり気にする時期がある。

俺も実際に苦しんだ。キツかった。笑

それでもやっぱ慣れてくるもんだし、自然と気にしなくなる。

 

 

今年の決断に話を戻すが、

そう、大学を辞め、海外に挑戦した事により、プロサッカー選手としてのキャリアをスタートさせる事ができた。

もちろんプロの定義は様々で、自論は多くあると思うけど、一応キャリアはついた。

 

これは大学という居心地の良い枠組みを捨て、

大きく環境を変えようと行動した事によって生まれた結果。

そう、結果としてついてきた。正解である。

て事はよ、小6の選択も大学の選択も、過程となって正解に繋がったわけよ。

 

さっき悪しについて触れたけど、逃って言われた事がある。

でもそれって全然逃げじゃなくて、今の環境に留まるよりよっぽど勇気のいる決断だったと思う。

 

俺は日本では箸にも棒にもかからない選手だった。

でも環境を変える事。

ラオスという国に挑戦した事によってプロとしてのスタートを切れた。

 

 

この世界中には70億人とも言われるくらいの人がいて、

今自分の身の回りにいるたった数人に認められない。そんな事全くもって問題ない。

やり続けてれば誰かが認めてくれるし、誰かが見ててくれる。

環境、世界、スポーツ、など様々なジャンルで成り立ってるこの世の中で、

少しでも変化を加えれば、結果は自ずとついてくるんじゃないかなって思う。

 

だから。やり続ける事に意味がある。

そう思うし、まだまだやってこうよ。

 

 

それでは。

 

良かったら押していただけると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

 

f:id:tks_wtnb:20201222165629j:plain

 

 

2020.12.22 渡邉 宰