【 僕は上手な選手ではない 】

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

俺に実力なんてない、経歴なんてない。

そう思ってる人は、この世の中に多くいるはず。

俺もその大人数の中の1人。

自分の生き残る術を探して、必死にもがいてきた。

 

実力主義なスポーツの世界。

上手いやつが上にいて当たり前。

活躍できる能力があって初めて上に立てる。

こんな事言われなくても誰だって分かってる。

 

俺は足元の技術がない。

俺はシュートが上手くない。

俺は足が遅い。

俺は体が小さい。

 

じゃあ、諦めてください。

とはならないわけじゃん?

いくらでも生き残る術はあると思ってずっと考えてきた。

 

自分の中で2つの答えを出して、ずっと継続してきた事がある。

 

ひとつは、常に100%『真面目にやる事』

これでもかってくらい真面目にやる事。

それはピッチ内外両方で。

手を抜かないなんて当たり前。

相手が小学生でも社会人でも変わらない。

練習でも試合でも変わらない。

ピッチ外もサッカーと同じモチベーションで過ごす。

食事に睡眠、学習にOFFも。

 

サッカーに限らずスポーツは人間性が出る。絶対に。

何かを継続して結果を出す、そこには必ず人間性が問われる。

間接的でもなんでもない。

直接的に関わると思ってるから。

何も持ってない俺がそこを持ってなかったらおしまいだよね。

 

もうひとつは『チームにおいて必要な選手になる事』

1つ目に少し共通する部分かな。

変な話自分のプレーが目立たなくていい。

黒子役に徹すればいい話で。

素晴らしいチームメイトたちが自分にない物を持ってる。

彼らのサポート役になればいい話で、彼らにとって欠かせない選手になればいい。

イコールで素晴らしい彼らを使う為の選手に俺がなれば。

彼らよりも走り守備をする。

彼らにボールを配給する。

彼らにストレスフリーで攻撃をしてもらえばいい。

いくらでもチームの為に走れるし、むしろそれが特徴だから。

 

自分の生き残る術。

綺麗事に聞こえると思うけど、これが俺なりに出した答え。

 

スポーツの世界だけじゃない。

色んな世界に共通して言える事だと思う。

 

何よりも他人の為に、それが自分の為になってる。

それこそが、俺が胸を張れる生き方です。

 

 

良かったら押していただけると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

2021.1.8 渡邉 宰