【 刺激泥棒 】

 

 

 

 

こんにちは。

 

戻りたくて戻りたくて仕方がなかった。

埼玉栄での日々に。

 

3年前に6年間を過ごした自分の居場所を離れ、

6年間共にしてきた家族との惜別をし、

あの日からの生活に色がついてないと思って過ごしてきた。

 

大学に入学し上手くいかない日々が続いた。

友達も全くいなければ、大好きなサッカーでさえも自分を見失った。

その情けなさと心にポッカリと開いた穴を埋めるかのように、

毎週毎週、栄の仲間たちと会って時間を共にした。

多分納得させたかったんだと思う、自分を。

別に大学で居場所は要らないと。

俺の居場所は栄にあればいいんだと。

実際にそう思ってたし、今でも少しその名残はあったりする。

 

彼ら彼女らは、俺にとてつもない刺激を与え続けてくれている。

その反面、大学では何の刺激もなかった。

1ミリたりともなかったかと言うと嘘になるが、

栄の奴らのように心の奥底から熱くさせてくれる人はいなかった。

 

ただ、今振り返ってみると、俺は何かやった気になってたんだと思う。

栄のみんなが良い刺激をくれるから、がレッテルだった。

別に自分は何もしてないのに。

みんなと同じグループにいるだけ。

与えてもらってばっかりなのに。

自分もその領域にいるって勘違いしてる。

そう、ただの『刺激泥棒』

 

それに気づくきっかけは、大学を辞める決断をした事。

自分を守ってくれる物と居場所を全て捨てた。

本当の自分の力が浮き彫りになる環境を自分で作った。

SNSも辞め、外からの声も遮断し、自分に集中した。

これが理に適ってるかと言われたら、かなりの疑問だ。

ただ、自分と向き合うには最適だったと今でも思う。

 

ここでようやく、俺が埼玉栄っていう船に乗っかっているだけだと気づいた。

過去の実績と名前、そして自分に縋って、みんなのスネをかじりまくってた。

ここで怖いのは、この船にレベルの高いあいつらは乗ってなかった。

あいつらは過去は全て感謝と自信に変えて、

もっと大きい船で目的地も様々だった。

 

人間って言うのは、

自分の乗っている船が順調に進むものだと信じてしまう。

その気分はまさに『乗客』だ。

そうじゃない。

俺は本当は『乗務員』『操縦士』でいるべき。

 

気づいた時にはもう沈んでいた。

沈んでしまった。

いや、沈んでくれたと言う表現が正しいだろうか。

そのおかげで俺は気付けたし、

新しい船に乗り換え、自分が操縦をして、

俺の目的地に賛同してくれる、力を貸してくれる奴らを乗せている。

 

 

今はこの先の未来しか欲しくない。

栄に戻りたい、、なんて考えてる間もなければ、

俺には突き進む選択しかない。

 

 

まだまだ進むために、突き抜けるために。

船を動かし続けます。

そしていつか、各々で船を進めてったあいつらと、

どこかで目的地が重なったら、これ以上ない。

 

是非、『渡邉宰』って船に注目してください。

 

 

f:id:tks_wtnb:20210125142103j:plain

 

 

 

 

良かったら押していただけると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

2021.1.25 渡邉 宰