【 1年前の今頃 】

 

 

 

 

おはようございます。

 

今日からざっと1年前、マレーシアにいた。

大学のゼミを通して、マレーシアの貧困の村に開発支援を。

このブログを通して何度か話して来たけど、

尊い経験、糧として、俺の中で存在し続けている。

 

 

マレーシア、サバ州、コタキナバル市、ガヤ島、ロクウライ村。

みなさん聞いた事がないでしょうね。

webで検索かけても、有力な情報は出てこない。

 

簡単に言うと、

ガヤ島には水上集落があって、

その水上集落には不法移民が住んでいると。

(だが、市から公認というちょっと謎。)

そこの村はゴミで溢れていて、その改善の支援だったり。

そんな感じで活動を、2回して来たと。

 

想像なんてつかないと思う。

映画でもドラマでもそんなん出てこないから。

おそらくTVでは、放送上の問題でいくつかのフィルターがかけられて、

リアルを見る事ができない。でも俺はリアルを目にして感じて来た。

 

ゴミの上を裸足で歩いて来た子供が、

『Money、Money』と寄ってたかってくる。

日本でそんな事あるだろうか?

5歳の男の子が、平気でタバコを吸ってる。

中学生くらいの子が、平気でシンナー吸ってる。

『そいつらがバカだ』って言ったらそれまでだし、突き放してほっとくのは簡単。

それでもそうにかしたいって思って現地に足を運んだし、

実際に、明日生きていけるかの世界で生活してる人達を目の当たりにした。

みんな口を揃えて言う。

『今の生活で満足です。幸せです。』

ビックリしちゃったよ。

価値観ってこんなにも違うのかと。

悪く言ってるわけじゃない。

ただ、当たり前って怖いな、慣れって怖いなって。

それは自分の生活の慣れに対してもだし、

彼らがその生活に慣れている事に関しても。

 

なんて偉そうに語ってるけど、

俺には国際協力の専門的な知識もなければ、人脈も経験もない。

あの時に感じた事を言語化する力も、拡散力もない。

悔しい、自分の中で大事にすることしかできない。

 

ただ、確かな思いとして、

今後も継続的にこの村と関わっていきたい。

 

サッカー以外のこんな経験も自分を突き動かす原動力です。

だから走り続けられます。

理由があるって良いですね。

 

今後もこういう事も沢山発信していければと思います。

 

 

良かったら押していただけると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

2021.1.31 渡邉 宰