【 諦める事 】

 

 

 

こんにちは。

 

諦めるって言葉に、どこかネガティブな要素を感じるのは俺だけではないはず。

そんな諦めるって事に、少しでもポジティブな印象を持つべきだと思う。

 

先週、陸上の為末大さんの『諦める力』を読んで、心を動かされた。

そこから学んだ事を基に、今日は書かせていただきます。

 

 

まず、諦めるという言葉を辞書で引くと、『明らかにする』などと言った、

ポジティブな印象である意味が出てくる。

個人的には何かを断つや、引くなどと言った印象を持っていた。

 

それなのになぜ、諦める事にネガティブな印象を持つのか。

多くの人は、『目的』を諦めると思いがちなのではないかと。

実際には『手段』を諦めている事が多いと。

 

俺は日本でプロサッカー選手になる為に、日本の大学でサッカーを続けて来た。

ただ、現時点で実現させる事は難しいと考え、海外への門を叩いた。

日本でプロサッカー選手になるという『目的』を諦めたわけではなく、

大学でサッカーを続けるという『手段』を諦めたわけだ。

結局のところ、目指しているものは変わってなくて、道を変えただけの話。

人生は紆余曲折でいい。ゴールさえ変えなければ。

完全に納得できる事だった。

 

 

人生において可能性の高い方を選ぶ事は本当に大切だと思う。

この本には、『人生は可能性を減らしていく過程でもある』と。

何か突出する事は、何かに絞っていく必要があると思う。

だってサッカーと野球やってて、サッカー選手になりたいって思って野球も続けるなんて、

ちょっとよく分からない話になってくる。

できない事が多い(諦めたものが多い)ほど、他の事が深まっていくと感じる。

 

そう考えたら、学生時代のテストの時、

保健体育とか家庭科の勉強はせずに、数学や英語の勉強をしたもんだ。

それは教科を絞る事によって、重点的に勉強できたから。

考え方次第では前向きに捉えられる。

 

 

 

 

 

これ以上書くと、本の内容を丸々パクる事になりそうだから。

 

今日はこの辺で!

 

 

それでは。

 

 

良かったら押していただけると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

2021.2.3 渡邉 宰