【 生花と人間関係 】

 

 

 

 

こんにちは。

 

最近めっちゃ本を読んでるせいか、言葉やノウハウが少しずつ広がって来ような気がする。

そう、気がするだけんなだ。

でも、この自分で感じられる物を大事にしていきたい。

 

 

誰しもどこかのグループであったり組織に属している。

家族もそうだし、学校もそうだし、極論を言えば日本というひとつの組織。

その中で当然だが、自分の限界やできない事を痛感する事ってある。

長所も短所も存在してこその人間だし、だから可愛いし愛おしい。

なんかそんなCMも見た事ある。

 

誰かが持ってない物を誰かが持っているって、これは人間関係において非常に重要。

パートナーや相方、組織、自分の近くに誰を置いておくかで自分の引き立ちが変わるわけだ。

似た物同士はかえって危険だし、同じ役割を持つ人間が2人もいたらつまらない。

誰かが計算できて、誰かがリーダーシップ取れて、誰かがボケられる。

だからこそ1人1人が際立つし、特別な存在になる。

 

生花も同じだと。

生花は美しい。人の心を動かす。

だが生花のあの鮮やかな色合いは、花の種類だけで引き立つんじゃなくて、

隣に何の花の何の色を置くかによって、引き立ち方が全く違うとの事。

 

人間と花の対比って、意外にも似ててかなり深いね。

 

 

それでは。

 

良かったら押していただけると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

2021.2.20 渡邉 宰