【 積み重ねて来たもの 】

 

 

 

こんにちは。

 

なんだかんだで久々の投稿。

 

 

そういえばこの事を話したかった。

 

この前、栄の同級生から急にLINE来て、

電話をしてもいいか?と。

何の相談だろうか。

俺は色々な相談を乗る側につく方が多い。

 

俺に電話をくれた彼は、大学で野球を続けてる。

年末に毎年開くフットサルで顔を合わす。

学生時代に同じクラスになった事はないけど、

グラウンドが隣だったから、お互いが遅くまで練習しているのを知ってた。

そんな彼は今年キャプテンを務めてるらしい。

少し行き詰ってる様子で、何かヒントを求めて俺に電話をくれた。

 

俺がサッカーを通して培って来たキャプテン像であったり、チームのビルドアップであったり、

どこまで役に立てたかは分からないけど、少しは重なり合えそうな部分があったと思う。

何よりこんな俺に相談してくれたのが、本当に嬉しかった。

彼自身、キャプテンといえば俺という認識だったそうだし、

『どこか高校の時から憧れがあった』と言ってくれたのが泣きそうになった。

俺自身は、高校の時は1人で突っ走ってた感があって、

周りに受け入れてもらえてないような孤独感も感じていた。

ただ、彼はその俺を理解してくれていて、尊敬してくれていた。

俺も彼の野球に打ち込む姿に感銘を受けていた。

普段はヘラヘラしてて落ち着きなさそうな奴なんだけど、

毎日野球場の最後まで残ってるのは彼だったし、

野球と自分と向き合う姿を見て来たから、お互いなんか通ずるものがあって嬉しかった。

 

結局お互い考えているような事は同じで、

チームを勝たせたい。結果を残したい。

常にこのままではいけないと危機感があって、それは高みを見ているからこそ。

『結果が出なかった時に気づくようなチームにしたくない』

野球にかける思い、チームにかける思いが率直に表れてるし、

どこか迷ってた高校時代の俺と重なるところがあって、

今チームを引き上げて結果を残して欲しいなって。

 

俺もそうだし彼もそうだし、

今まで『積み上げて来たもの』がある。

それらが今の自分を作っていて、環境を作っていて、今後を作っていく。

やり続けた者にしか見えない風景があって、

俺も彼もこの先まだまだ積み上げ続ける。

 

今の自分の周りにいる人間が、今の自分のレベルを示す。

本当にその通りだし、自分の周りにはそういう人間が沢山いる。

周りにいるみんなを誇りに思うし、自分自身も誇りに感じる。

 

俺と彼が有名になったら、

みなさんにここで紹介しますね。

お楽しみに。

 

 

それでは。

 

 

f:id:tks_wtnb:20210318154438j:plain

 

 

良かったら押していただけると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

2021.3.18 渡邉 宰