【 言葉のチョイス 】

 

 

 

こんにちは。

 

 

このブログを更新するにあたってもそうだけど、

言葉のチョイスはかなり意識している。

というのも、話が入ってくるような言い回しがしたくて。

聞き手にスッと入っていくような。

自分の伝えたい事があって、伝えたい人がいて、

双方が共通理解する為の手段として。

 

Twitterで発信する時は、140文字以内で伝えたい事を収めなきゃいけない。

更に拡散機能があるSNSで自分の想定外の人物にも自分の言葉が届いたりする。

やっぱり自分を知ってもらいたいし、何かのきっかけでチャンスでもある。

 

これ難しいのが、文面と口頭では全く訳が違って、感情を込められないのが難点。

面と向かって話てれば抑揚とかタイミングとか、相手の相槌もあるしペースも関係する。

その場でリアルを伝えられる反面、文面のように修正が不可能。

文面であれば練りに練った文を残せて、確実に残しておける。

その反面、熱量が伝わりづらい。

 

どちらにもメリットとデメリットが存在してて、その場にあった言葉のチョイスが求められる。

 

これらを上手く引き出すには、語彙力が大きく関係してくると思う。

何でもかんでも難しい言葉を使えば良い訳じゃないし、

物事をうまく例えられれば理解もしてもらえやすい。

 

自分はその語彙力と、圧倒的な説得力が欲しくて、多くの本を手にしてきた。

できれば誤解のないように伝えたいし、誰かの心に届いて欲しいから。

著者の面白い例えとか言い回しを参考にしたい、だから携帯のメモに印象に残ったところを記しておく。

その日の振り返りの日記に記しておく。

 

そう、こうして記しておく事で練習になるから。

そして沢山口にする事。

できるだけ人と話して、聞いてもらう。自然の会話の中で。

 

やっぱり人としての魅力があると思われたいし、

その為にはサッカーの成績はもちろん、口にする事も意識するべき。

 

何でも積み上げるべき。

 

言葉もサッカーも。

 

是非この先の自分のブログでも、

『言葉のチョイス』に注目していただけたらありがたい。

 

 

それでは。

 

良かったら押していただけると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

 

2021.3.23 渡邉 宰